学校法人(前理事)

・神奈川県にある学校法人の理事を約10年間務めました。

・幼稚園を運営。

・イタリアのマリア・モンテッソーリが開発したモンテッソーリ教育を実践しています。

・子どもの自発性と知的好奇心を引き出す教育法で、子供達は伸び伸びと成長します。

・こうした教育法が広く日本でも取り入れられれば、日本の子供はもっと幸せになると感じます。

モンテッソーリの肖像がデザインされている

イタリアの1000リラ紙幣

(現在はユーロ紙幣にかわった)


「仮に教育が知識を伝達する古いやり方に従うものと常に理解されるならば、将来の世界に期待されるものはもう何もないでしょう。人間の全体的形成がなおざりにされて一体知識の伝達がどんな意味をもつのでしょう? 精神の本質、社会的人間性、個人そのものの中にひそむ測り知れない世界の潜在能力、というものが無視されていますが、これ等を考慮に入れなければなりません。もし何らかの救いが有り得るならば、それは他ならぬ子供から発するものでありましょう。子供は人間の建設者だからです。」

(「創造する子供」 著:マリア・モンテッソーリ エンデレア書店)

 


NBCR対策推進機構・特別顧問

・団体名は英語では Institute for Nuclear ,Biological, Chemical and Radiological Defenseです。

・N(核災害)、B (生物災害)、C(化学災害)、R(放射能災害)の脅威から国民を衛るための対策を推進する団体で、設立時から関わっています。(2004年設立)

・セミナー、フォーラム、講習会、研究会など幅広く活動しています。

・日本でも原発事故、北朝鮮の危機、東京オリンピックの開催、危機管理の重要性は増々高まっています。

・これからも様々な企画を実施していきます。


アジア太平洋未病医学会・理事

・未病とは、半健康・半病気状態、あるいは健康と病気の中間の概念です。

・約2000年前、中国・後漢時代の医学書『黄帝内経(こうていだいけい)』に「未病の時期に治すのが聖人(名医)」との記述があり、江戸時代の貝原益軒(かいばらえきけん)の著『養生訓(ようじょうくん)』にも、病が未だ起こらない状態で、養生が必要だが、放置しておけば大病になると書かれています。(以上日本大百科全書より)

・超高齢社会に突入している日本では、未病の状態を克服し「健康寿命」を伸ばすことが重大な課題です。

・そのための研究会を同会では積み重ねています。

日本体育大学の松浪理事長による講演


石川県観光特使

・石川県の観光特使に任命されています。

・祖父母が石川県出身で、先祖がそれぞれ前田藩の御殿医と旗本であったという縁があります。

・加賀百万石として栄え、伝統・文化が継承された豊かな県です。

・北陸新幹線のお陰で、東京~金沢間は最短2時間35分で到着。

・さらなる発展が楽しみです。


ランチェスター戦略学会・常任理事

・岩渕はランチェスター戦略学会の役員を務め、毎年行われる学会の大会で総合司会を担当しています。

1)ランチェスター戦略をご存知ですか?

・第1次世界大戦時の戦略家F・W・ランチェスター氏(英国人)の戦争戦略を、日本人の田岡信夫氏(故人)が経営戦略理論として体系化したものです。

2)ランチェスター戦略の理論

①地域1番店戦略

・自社の商圏など重点エリアを特定し、1番になることを目標とする。

・そこで1番になれば、更に重点エリアを特定または拡大し1番となる。

・そうして商圏を広げていく。

②一点集中主義

・自社の「強み」を絞り込む。

・強みに一点集中して、その強みを伸ばしていく。

・一点集中がNO.1への近道となる。

③差別化戦略

・自社でしか提供できないものを創る。

・製品、流通チャネル、宣伝方法など、何でもいい。

・他社を寄せ付けないものを持てばNO.1となれる。


在日本ルーマニア商工会議所・理事

・ルーマニアは東欧に位置し、日本の本州と同じ位の面積で首都はブカレストです。

・ドラキュラが住んでいたと言われるブラン城や、シギンショアラという世界遺産に登録されている町など見どころが多くあります。

・体操選手として有名なナディラ・コマネチはルーマニア出身です。

・上質なワインやハチミツが生産され、日本にも輸入されています。

・日本とルーマニアの商工関係が促進されるよう、各種のサポートを行っています。


IALRW(国際自由宗教女性連盟)

・IALRWは1910年に設立された世界で最も古い国際女性組織の一つです。

・仏教、神道、キリスト教、イスラム教、ヒンズー教、無宗教の人など様々な人達が参加しています。

・4年毎に国際会議が開催され、各国の女性が参加し意見交換が行われます。

・女性の地位向上、福祉、医療、環境、人権、平和などの問題に取り組んでいます。

・具体的活動の一つとしては、インドの女性のための「識字プロジェクト」に資金援助しています。

・また現在、残念ながら世界で起きる紛争は宗教的対立が原因のものも少なくありません。

・そこで異なる宗教について学び、互いを理解しようと勉強会も開催しています。

クリックで拡大します。


民際交流会の開催(2013年12月8日)

・日本と隣の国々との関係が良くありません。

・何か自分でもできることは無いかと考えました。

・ならば市民と市民による「民際交流」を進めていこうと思い立ちました。

・それも将来を担う若い人達同士の交流を試みることに。

・留学生会館でチラシを配布したり、日本語学校を訪問し参加を募りました。

・2013年12月8日にいよいよ学生街の神保町のあるビルで開催。

・中国、韓国、台湾に加え、フィリピン、フランス、スイス、ケニア、コンゴなどの若者が参加。日本人の若者も多数参加してくれました。

・参加者全員が最後まで熱心に語り合い、会場は大いに盛り上がったのです!!

・誰もが国際理解と国際協調を強く望んでいることがわかりました。

・これからも続けていきたいと思います。

・興味のある方は、是非ご連絡下さい。


国際医療福祉人材育成機構・顧問

・国際交流の経験から、人手不足の日本の医療機関に中国人看護師を紹介する団体を支援しています。

・日本は超高齢社会を迎え、看護師も介護士も慢性的に不足で大問題となっています。

・一解消策として、中国の医科大学や看護学院で学び、意欲のある中国人看護師を日本に迎えています。

・機構は中国全土で20以上の医科大学や看護学院と連携しています。

・日本では多くの病院が受け入れており、日本の医療現場にささやかながら貢献させて頂いています。